正義側 司令官

2005-08-23_cyb-leader0.jpg

他の戦士よりも2倍以上大きなボディを持つ。
商品的には、スプリームサイズとなる。
ロボットモード、ビークルモードのほか、
大型スクリーンを備え、カタパルトや座席に 部下達をセッティング可能な
"司令室モード"にも変形する。

今回の司令官は、いわゆるコンボイに相当するキャラクターではあるけれど
物語の中心となって活躍するわけではなく、後陣にて主役たちを支える、
彼らにとって、背中を見守る父のような存在。

    *  *  *  *

TFという作品をひっくり返す上で、まず 手を付けるものとして
シンボルキャラクターのイメージを選択するのは、
そう珍しいことではないと思う。

今回は、さらに販売形態についても
イメージを変えてみる。

    *  *  *  *

この商品は、国内では 販売は一切せず
年間通してプレゼントキャンペーン等の対象商品に設定する。

プレゼントの中核となるのは、商品付属のロボットポイントによる全プレ。
(今更ロボットポイントを持ち出す気恥ずかしさはあるものの、
企画としては有用と思われるので、あえて引っ張り出してみた。)

必要ポイントは主力2体、または他3体分ほどの購入でまかなえる、
子供にも難度の高くないものとする。
他は児童誌・おもちゃ誌における抽プレによる。

なお、作中では毎話登場し、重要なエピソードにおいて
主役級の活躍を見せることもある、飾り以上の存在として描かれる。(販促)

この記事へのコメント

  • michusas

    ほんーとうにもー ディティールもろくに入ってない、メモ程度のもので
    モノスゴイものが出てくることを想像されていた方々には 申し訳ないんですが
    残念ながら、大方はこういうものが並ぶと思われます。
    まあ ハナからモノスゴ系は 出せるはずもないんですけど。

    ちなみに今回、キモになるはずの
    司令室モードが思惑カタチになりませんで
    が これ以上ここをほったらかしとくわけにもいかないので
    そっちは一旦さておきまして、後程にー。
    2005年08月23日 10:27
  • PON-2

    司令官ポイントゲット性-販促にはいいかもしれませんがー
    正直メンドくさがりのわたしのような子供やそんna
    に買ってもらえない子にはつらいかもー。
    と言ってみるテ(rya
    2005年09月01日 00:58
  • michusas

    そんなに買ってもらえない子には、
    児童誌などの懸賞の方に応募してもらえればー とか。
    まあ、めんどくささは変わりませんけど(笑

    そのメンドイとこを乗り越えてもらうためにも
    番組自体、魅力あるものになってもらわないと。

    ・・とはいえ スーパーリンクも
    第1話は かなりのレベルで イイセンいってて
    1年間通して見てみた内容も、まずまずだったのに
    終わってみるとセールス的には花開かずで
    改めて、その難しさを思い知る次第でございます。
    2005年09月01日 12:09
  • ばーばりあん

     遊びの中核であるキャラを最初は販促品として用いるのは決して悪いアイデアではないと思います。

     フォートレスマキシマスなんかはその大きさや価格面からみてスクランブル大作戦の景品として最初、発表され大きな反響を呼びましたものね。

     但し、あの時はトランスフォーマー自体、大変人気があった頃で、新生時にここまでの反響を呼べるかはやはり、作品の内容と個々の玩具の出来映えによると思いますね。集める事で付加価値が増していく展開であれば、プレイバリューが広がる基地遊びが出来る司令官クラスの動きが良くなるとは思います。

     現行の商品の苦戦は集める事に魅力が感じられない処のような気がします。
    2005年09月02日 00:09
  • michusas

    実際のところ、ここまでくると
    単に この要素が新しくなりましたってだけでは、
    効果は薄いかもしれません。

    メディアへのアピールの仕方と、販売方法と
    それからもちろん作品/商品内容とを、複合的に
    かなりの戦略を練って展開しないとー。
    (それが現場で可能かどうかは、別として。)

    > 基地遊び
    TFでは定番の遊び方ですよねー
    商品点数の多さが為せるワザ といいますか。

    マ伝以降のTFは、いわゆる 集める事による付加価値を
    シリーズ統一ギミックという形で 前面に打ち出した商品にはなってたと、
    一定の評価はしてます 個人的には。

    でも、マイクロンなんかは、おっしゃるように
    基地遊びがもっと充実した内容になってたらよかったかな
    世代による嗜好差はあると思いますけど。


    あと この司令官なんですが、実はあとから発売することは考えてませんで
    「TVには毎回出て活躍するけど、キャンペーンでしか手に入らない」
    とゆーとこがミソなわけで (まあ、海外から通販すればモノ自体は手に入りますけど。)
    これもまた、いかにアピールするかを思案した結果ですね。
    2005年09月02日 16:39
  • ばーばりあん

     TVでは活躍するが、お店では手に入らない。往年のオメガスプリームやスカイリンクスのようですね(笑)。但し、キャンペーンや懸賞、ロボットポイント(懐かしい)で、容易に手に入るのは魅力的ではあります!

     しかし、それを生かすも殺すもソフトの提供次第ですね。結局、G1もBWにしても本来の購買層である児童からブームが起こっていたんですから。現在のテレマガやてれびくん、ボンボン等の児童誌での掲載だけがこれからのアピールに繋がっていくかは疑問です。

     個人的主観なんですが、ガンダムSEEDのストライクが児童層に売れた原因の一つに勿論、番組内でも魅力的に描かれていましたが、やはりウルトラマンコスモスの後番組であった事も十分な要素だったと思います。現行のGFも時間帯の変更に伴い、1部のご新規さんが入ってきているようにも伺えます。新しい購買層の獲得、TFでもっとも必要な要素ですしね。

     TV放送がなくても玩具展開だけでも売れるフォーマット作り、昔はタカラさんが得意とした処です。新生に向けて重要なポイントです。じっくり煮詰めていってほしいですね。
    2005年09月03日 11:20
  • michusas

    ソフト面はほんとうにもー
    ヤマさんの 勇者=TF案がいい気も、しないでもない(笑

    上の層には 勇者シリーズ復活、しかもTFと融合ってとこでアピールできるし
    内容も、エクスカ/ファイバのような内容なら、よさげですしねー
    とにかくなにしろ、話題になりそうなとこがオイシイ。
    いいスタートが切れそう。
    2005年09月03日 22:32
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6150894

この記事へのトラックバック