主力商品 序盤~中盤

この投稿では、序盤から中盤までの商品ラインナップについて提示してみたい。
本文中、ソフト面の肉付けとまぜこぜながらの解説である点については、
ご了承願いたい。



正義の戦士vs悪の軍団、この2大勢力の構図は
諸々の関係上、廃される可能性はないに等しく
そして個人的に、その必要もないと思うが
小売側にイメージ刷新を訴えるため、軍団名については改称を行なう。

また本テストケースにおいては、さらに
中盤(GW商戦)に第3、第4の勢力を途中参戦させる。

これは、従来イメージを覆すためのアイディアであるのは勿論だが、
多数に及ぶ海外向け商品群の中から、国内販売する商品を選別するうえで
いかにして それを際立たせるかについて、考察した結果だ。
(早い話、発売されるのは、新軍団のリーダー2体のみとなる。)


以下に、4勢力の簡単な概要を列記する。

[ 正義側 ]

5体の精鋭で構成された特務部隊。
セールス時期の関係上、番組初期では、主役及び司令官しか登場せず
以降、回を追う毎に、新たな仲間が合流してゆくことになる。
その間を埋めるようにゲスト参戦してくる戦士はいるが、
それらは、国内では通販限定となる。
(通販するうえでの重点商品については、セミレギュラー化。)

正義側のビークルモードは、"お子様ランチ"を意識して、バラエティ豊かに。
キャラクターの性格については、ビークルのイメージをそのまま引っ張った。
いずれも主視聴層を意識したもの。

  ・ 司令官 (移動要塞>司令室)  ・・スプリームサイズ
 1) 主役、快活なヒーロー (スポーツカー>スーパーモード)  ・・ウルトラサイズ
 2) 二枚目キザ (ジェット)  ・・デラックスサイズ
 3) チカラバカ (ドリルタンク)  ・・デラックスサイズ
 4) ムードメーカー (バギー)  ・・デラックスサイズ


[ 悪 側 ]

4体のエリート兵士で構成された軍団。
ゲストキャラを通販限定とする原則は、こちらも同様。

この4体(初期リリース分)については、ロボットモード、ビークルモード共に
特異なシルエットは避けて、スマートなカッコ良さを強調する。
また映像面でも、"悪側だがカッコイイ"という演出を目指す。
この点は、幼年層よりも、その少し上を狙ったもの。

 1) 悪の騎士道に殉ずるリーダー (武装トレーラー>攻撃要塞)  ・・スーパーサイズ
 2) 静かな知将 (ジェット)  ・・ウルトラサイズ
 3) 一匹狼 (スポーツカー)  ・・デラックスサイズ
 4) 豪放、生粋の戦士 (重戦車) ・・デラックスサイズ

なお、上記のうち、正義側司令官を除く8体は
対応する番号の相手を商品構成的にライバルキャラとして扱い
(ライバル同士のパッケージを組み合わせれば、にらみ合う構図になるなど)、
劇中でもそのように配慮する。


[ 第3勢力 ]

正義側の別働隊に当たる戦士達。彼らとの合流を拒み、独自に悪側に戦いを挑む。
時に、正義側と直接対決することも。("直接"の部分が重要。)
大小合わせた4体で構成され、国内で発売されるのはリーダーのみ。他は通販限定。
モチーフは、子供に人気の特殊車輌・緊急車輌から。
司令官は、ボリューム、ギミックともに主役に劣らぬ内容となる。

 ・ 現場主義の司令官 (重機>ミサイルタンク>スーパーモード) ・・ウルトラサイズ
 ・ 迅速モットーの仕事師 (救急車)
 ・ 寡黙、実直なクールガイ (白バイ)
 ・ 陽気なダンサー (消防車)


[ 第4勢力 ]

正義側、悪側問わず戦いを挑む、新たな勢力。
獰猛なイメージを反映して、猛獣/恐竜/昆虫モチーフのロボットたち。
大小合わせた4体で構成され、国内で発売されるのはリーダーのみ。他は通販限定。
ボスについては、第3勢力司令官のライバルキャラという位置づけではあるが
内容、価格共に一段下となる。

 ・ 絶対主義の暴君 (トリケラトプス>暴走列車) ・・ウルトラサイズ
 ・ ボスの首を狙う野心家 (サーベルタイガー)
 ・ 執念深いトラップ魔 (イグアナ)
 ・ 自信過剰の力自慢 (カブトムシ)


ここに並べたものは、すべて
デラックスサイズ以上の中高価格帯のものばかりとなるが
では、低価格帯の商品はどうなるかというと・・
それについてはまた、別投稿にて詳しく説明したい。



テレビレギュラーの商品(キャラクター)の数をしぼった結果、
このまますべてを通常販売してもいいような具合になりはしたのだが

しかし、同一規格商品の点数が増えた場合、
20あるうちの6、7点のみ人気商品であっても、7割近くはそうでないわけで
シリーズそのものが不人気と判断される可能性がある。
アソートの中身について熟考し、差を埋めるよう努力しても
それだけではカバーしきれないかもしれない。

あえて画面上のキャラの数よりもラインナップを絞ったのは、
そういうところから発想したもの。

この記事へのコメント

  • ししかばぶ

    突然すいません。
    サイズの表記ですが、デラックス・ウルトラ・スーパー等では分かりにくいのではないかと。小売店にも解りやすくするためにも、価格帯とサイズ表記はもっとシンプルにした方がいいのでは?
    S…1000円台
    M…2000円台
    L…4000円台
    LL…6000円台
    ※このサイズ表記と価格に根拠はありません。これくらいシンプルな方がいいのでないか。という目安です。

    主役ヒーローが合体するのは大賛成です。司令官の代わりに戦闘面で活躍するキャラになるのですし、主力商品の中でもフラッグシップになるのですからね。年末商戦に向けてグレート化は考えているのでしょうか?

    第3勢力に関しては、リーダーだけを販売する予定なら、単体だけのチームとするより合体戦士にしたほうが商品のバランスとしてもいいのではないでしょうか?ただ、注意すべきは番組終盤は合体戦士としてだけの登場が危惧され、せっかくの第3勢力としての意味合いが薄れる可能性があるので、合体に何らかの制約を設けるか、簡単に合体できないシチュエーションが求められると思います。また、第4勢力も合体戦士にしてしまうと、それこそ合体戦士同士の戦いだけになってしまうので、第4勢力は単体だけのチームでいいと思います。

    敵側ですが、部下が3人しかいないのにその内の一人が一匹狼というのは疑問です。「敵も格好良く」とあるのに、むしろネタにされてしまうような…
    一匹狼というキャラは、むしろ準レギュラーにして、時々番組に出ては正義側を苦しめる、しかし、格好いい。そうして通販敵側商品のメインとしたほうが、通販売り上げの向上にもつながるのではないでしょうか。
    2005年09月11日 14:23
  • ヤママヤー

    合体するのがスーパーモードになる2体だけというのはマイナス点。
    日本の子供は変形よりは合体を好むので。
    むしろほぼ全員が合体するくらいの勢いが欲しい。
    Vのロードシーザーやライオカイザーみたいに。
    合体しないやつは、大型基地になるとか、単体でも(ヘッドマスターズの)シックスショット級のプレイバリューがあるやつとかに限った方がいい。

    あと、重機と緊急車両は子供に人気のある定番モチーフなのでレギュラーに据えた方がいい。
    新幹線も欲しいね。

    正直言って、このラインナップを見る限りでは「完全新生」という程の目新しさは感じられない。
    これでは小売店に「今までのTFとは違います!」とアピールするのは難しい。
    第3、第4勢力が出てくるのもBWIIのインセクトロンやシーコンズで既にやっちゃってるわけだし。
    旧TF→BWとまでは言わないが、旧マシンロボ→マシンロボレスキューくらいの変革は欲しい所。
    2005年09月11日 19:23
  • michusas

    昨日の晩寝オチたこともあって、コメント返すの遅れてますが
    いま長いテキスト打ってますんで わずかお待ちをー

    えー 明け方ぐらいまでには、なんとか。
    2005年09月13日 11:55
  • michusas

    > サイズ表記
    確かに分かりにくかったです 後ほど改めるようにしたいと思います。

    価格については、生BW並とまでは言わないまでも
    (世情的にすでに不可能だと思いますし) 重点商品以外は、
    比較的割安になってほしいとこです。


    > 一匹狼
    ・・あ 言われてみると、そうなような。<ネタ的
    イメージソースにしたのが RX@倉田てつを のガデゾーン辺りだったので
    混ざってる絵面にそう違和感は感じてなかったんですが

    提示してくださってるキャラクターイメージがいいすね。
    前後編で初登場、以後度々現れてはオイシイところを持ってくのに
    通販でしか手に入らなかったりしたら、ニクイなー。


    ・・いま気付いたんですが
    メインターゲットを幼年・低学年層とするなら
    通販申込などは、親御さんに手伝ってもらわないとできるわけもなく
    となると、わざわざそこまでやるかな親御さん。今更ですが。

    次回予告の後ろに
    「今日登場した**は通販でしか買えないぞ!」
    という宣伝でもつけますか 毎回。
    夜中の番組よろしくフリーダイヤルにて、電話受付あり。


    > 合体
    内容に多少の違いはあれど、
    ししかばぶさん、ヤママヤーさんと、複数人から
    合体戦士を望む声が出たというのは、面白い話です
    それだけ待望されている要素ということで。


    脇キャラに合体要素を組み込まなかったのは
    ひとつには、主役と重点商品(第3勢力司令官)を際立たせるためでした。

    特に第3勢力司令官の方は、立ち位置的に 2号ロボ、もう1人のヒーロー と考え、
    主役に匹敵するギミックを持つ、というところをポイントとしました。
    その結果、脇キャラから一段飛び抜けた特徴として
    合体=スーパーモード が与えられ、そのため、脇キャラたちの合体まで
    考えには入れなかったのでした。
    (より正確には、合体もアリかと迷いはしたものの、無い方がいいと判断した、と。)

    もうひとつの理由としては、
    キャラクターの個性を殺す可能性があったということですか。
    合体させなくても、個性さえしっかり持たせてやれば、
    或いはヤママヤーさんが言われるように、商品各個体の遊びがいを重視すれば
    キャラクター(商品)の人気は確保できると思いますし。生BWみたいに。

    とはいえ、脇キャラたちの合体が
    導入するにたる要素ということなら、それも考え直す必要がありそうです。
    ともかくこの点について、再度頭をひねることにします。


    > 目新しさなし
    これは、そうかもしれません
    ラインナップを眺める限り、想像された以上の変革ではなかったと思います。
    完全新生と声高に叫びながらも、様々な兼ね合いから
    フォーマットまで別モノにはできないと思いつつ、今回の記事を書きましたので。

    しかし、小売側に 今までと違います とアピールすることは、可能だと思います。
    双方はイコールでは無いという考えです。

    具体的には
    ・ 商品点数を絞ることで、重点商品を明確化。
    ・ それに伴い、不良在庫も減少。
    ・ さらに、各キャラクター(商品)の見せ場も十分に用意でき、購買意欲を刺激。

    そしてソフト面についての改革についても、言及します。
    ・ 幼児層をターゲットにした、簡潔明瞭なストーリー展開。
    ・ 毎回、派手な必殺技によって、爽快な戦闘シーンを演出。

    こういうところで、どうでしょう。
    つまり、商品単体ではなく、作品まるごとでアピールするわけです。



    今回いただいた指摘については、後日、別投稿にて反映させたいと思います。
    他ツッコミあれば、早いうち希望。
    2005年09月14日 03:56
  • michusas

    以下、他の話題に対する細かい回答。


    > 新幹線
    については、予定には入ってます、いまんとこ。 リンク先の画像参照。
    こちらもインパクト重視で、後からの登場商品にモチーフを譲った格好になります
    先の重機・緊急車両と同じ論法ですね。
    http://eijaikaya.seesaa.net/article/5993616.html

    ちなみに、さらにその新幹線の元ネタ
    http://korejaikan.up.seesaa.net/image/2005-09-13_shinkansen1.jpg
    http://korejaikan.up.seesaa.net/image/2005-09-13_shinkansen2.jpg

    去年の半ばごろ、なんーにも考えずに書いたラクガキ。
    右肩のツノが気に入ってたんですが
    よく見るまでもなく グラコン+マイトウイング でしかなかったので、泣く泣く没に。

    今回の再登用では、うまくいくといいんですが。
    ツノのある新幹線って、もしかして マックス辺りがラストかしら。
    SF超特急にでもするかー


    ・・とゆーか、日本のお子さんにとっては
    クルマ並に鉄板のモチーフだと思うんですが どうなんでしょう、海外では。
    最近の例だと、チーム新幹線が海外に渡りましたけど
    日本限定の乗り物って、ハズブロにとってもどうなんかなあ。

    あ ちなみにこれ、グレート合体に関する回答にもなってます。実は。


    > 重機と緊急車両
    これまた なかなか難しいところです。
    レギュラーに加える考えと、後から出るメンツに回す考え、
    どちらに優劣をつけることもできないと思います。

    今回の記事の場合は、メンツも少なく、登場期間も短い新軍団が
    どうすれば主購買層にインパクトを与えられるかについて考えた、その結果でした。
    (勿論、重点商品ということも判断材料として。)

    脇キャラについては、通販商品として扱うことにもなるし、
    緊急車両が重機に率いられるのもおかしいので
    レギュラーに昇格させてもいいんですが ・・絵面が見てみたいかなー と。
    パトランプ付き、ツートンカラーの重機。<そこ重要なのか


    > 新勢力の出現
    これについては、8年前の作品であるBWIIでやっちゃったからと言って
    今使えないアイディアってことはないと思います。
    (それだと、前年他社が使ったアイディアまで使えなくなるかな、と。)
    2005年09月14日 03:57
  • ヤママヤー

    完全新生と言いつつ、目新しさに欠けるのは、やっぱり痛いよ。
    少なくともラインナップ的には、ウェブダイバーやダイガンダーの方がよほど目新しさというものはあったように思う。結果はアレだったけど。
    ソフトウェア的な改革は、放映が始まらないと目に見えてこないだけに、小売店側にはアピールしづらいと思うし。
    何をもって「完全新生」を謳うか、という所から煮詰め直した方がいいんじゃないかと思うな。

    新勢力の出現は、やっちゃいけないってわけじゃなくて、目新しさには欠けるという事。(「完全新生」のアピールとして弱い)
    古くはジャンキオンとかだっていたし、ギャラクシーフォースでもスピーディアの住民やアニマトロスの住民で似たような事をやったばかりだし。
    (というか第一印象としてギャラクシーフォースのラインナップをいじっただけのようにしか思えなかった)
    下手すると話が錯綜してポイントが分散しちゃうしね。
    2005年09月14日 06:55
  • michusas

    ギャラクシーフォースに似てる、と言われるとは思わなかった
    むしろエクスカの方かと思ってました(笑

    そのギャラクシーフォースについては、
    ラインナップ第1弾だけで12点もの商品が発売されていますので、
    それらとカブらず、尚且つ子供ウケのよいモチーフを選ぶ(重要)ということは
    非常に難しいことだと思います。重機も翌月発売されてますしね。


    それと、ここが大事なところなのですが
    過去のコメントを読んでいただければ分かるように
    私は 目新しさが重要だとは考えていないんです。

    目新しさを ・・と言えば聞こえはいいけれど
    それは奇をてらうことと紙一重であって、主購買層が求めるものとは
    ズレてゆくばかりなのではないでしょうか。
    (むしろそういうものを好むのは、大きいお友達 の方で。)
    ウェブダイバーにおける商業的な失敗も、そこに因るものは大きいと思います。


    これは、私が完全新生という言葉を用いるにあたって、
    最初にはっきりと説明しなかったために起こってしまった認識のズレなのですが
    つまり、「現行の方向性をリセットして、いかに国内で支持を得るものとしてゆくか」。
    これが完全新生として提示する中身なのです。
    マイクロン伝説以降、小学高学年以上を対象にしている(ように見える)
    作品内容を、ここで一旦考え直してみないか、という意味ですね。

    この文言の解釈は 人によって様々だと思いますが
    私の場合は、安定した内容の、幼年・低学年層をターゲットとする作品を
    目指してはどうかと考えた、ということなのです。


    勿論、別解を導き出す方もいるでしょうし
    むしろそうであってほしい、そしてそれを紹介し合いたい、という思いもあります。
    確かに、実際に登用されることは ないわけですが、
    新しいTFの可能性を ファンの間で空想し、論議することは
    今後次の世代を迎えるに当たって、無為にはならない、と思います。


    ということで、またまた長い話になってすいません。
    思惑的には、こういった感じです。回答になってますかね。
    2005年09月14日 13:17
  • ヤママヤー

    まあ確かに、目新しさがあればいいとは限らないけれども…

    私は、TFにすっかり嫌気がさした小売店が、再びTFを仕入れてくれるようになるための「目新しさ」は必要だと思っています。
    だから、以前のTFでもこういう事やってたよなあ、と思われるようなのは極力避け、何とか(「番組を見ていない」仕入れ担当の人にも!)「今度のTFは前とは違うぞ」と思わせたい。
    ラインナップを調整するだけじゃダメと考えるのはそれが主な理由。
    誰の目にもわかりやすい「売りになる」変革ポイントが欲しい。

    前に「まんま勇者シリーズにすればいい」と言ったのも、それが念頭にあっての事。勇者シリーズならそれなりの実績を残してるんで、「ただのTF」よりは小売店も仕入れてくれやすそうじゃん。
    2005年09月14日 21:22
  • ヤママヤー

    要するにですね、「(日本の)子供に受けそうなラインナップを揃える」とか「ソフト面での改革も行う」とかより以前の問題として、まず「店に置いて貰う」所から始めなきゃならんわけですよ。

    TFには既に「売れない」というマイナスイメージが付いちゃってるんで、スタート地点はゼロからではなく、マイナスからなんです。

    だから、最低でも(小売店に対して)一目でわかるアピールポイントがないとダメ。マイナスの印象を、せめてゼロにまで持っていける程度の。

    それがないと、もうそもそもスタート地点に立つ事すら許して貰えないから。門前払いを食らうだけ。
    2005年09月14日 23:32
  • tomoya

    序盤~中盤という割に商品点数が多い気がします。

    あと、あれですねシリーズ通しての目玉というか
    主力ギミックを定義したほうが良いかと思います。

    そこに目新しい物を持ち込めば新生として強くプッシュできるかと。

    ビクトリーの時のように両軍団で別々のシステムを採用
    してると楽しいかしら。

    ブレインマスターVSブレストフォース

    差別化して善悪が解りやすいし、ブレない軸が
    欲しいですね。

    2005年09月15日 00:04
  • michusas

    ここで、ぽんと じゃこういう要素を入れましょう
    ・・と安易に言うのも、乱暴な話なので
    せっかく会議室のカテゴリも作ったことだし、
    それについて語る記事でも打ってみます。
    いま時点でまだ表に出していない、自分の考えも紹介するカタチで。

    ということで

    > 主力ギミック
    については、そちらで詳しく。


    > 商品点数の多さ
    これは、3月決算合わせ なるものを意識して、
    中高価格帯を、中盤までに ある程度の数揃えた結果ですね。
    それでいいのかどうか、迷うところですが。

    発売スケジュールについては、
    まだまだ検討しながら草稿に向かっている段階なので、
    この時期にこれが、あれがと 詳しくは説明できませんけれど
    低価格帯商品の話も持ち出さないと、ダメな気が。
    2005年09月15日 09:06
  • ばーばりあん

    商品展開について読ませて頂きました。初期のラインアップには第3勢力、第4勢力の登場は必要ないと考えます。そう考えるのは一部通販限定のキャラがいるとはいえ、GW時期にはこれ迄登場したキャラを売っていきたいし、他のレギュラーキャラがGWに動きが鈍る展開は避けたい。それこそ夏商戦、秋商戦に響きますしね。

    また、各キャラのモチーフは概ね王道をついていて、良いと思います。但し、SFカーやらSFジェットの類は避けるべき。子供がほしい物はやはり解り易い物が一番ですんで出来る限り現実に近い物を選定すべきです。この辺りは十分、熟考すべき点です。形状だけではなく成型色、ギミック含めて従来のイメージを払拭しないと新生にはなりませんからね。
    2005年09月19日 20:42
  • michusas

    商品展開のスピードは、年々 ・・と言わないまでも、
    ご存知のように、年を追う毎に加速しているような状況です。
    2号ロボは番組後半に、などと言っていたのは、すでに遠い過去の話で
    メジャーどころであるところの戦隊シリーズでは、
    いまや3号ロボどころか4号ロボの投入も当たり前になりましたしね。

    そのように、競合作品たちが早い流れを作っている中、
    長く特定の商品を売り続けることは、難しいのではないでしょうか。
    (勿論、そう売れる方が望ましいとは思いますが)

    > SF
    そうですね 過去にそういう事例もあったという記事は、見た気がします
    個人的には、あまりに突飛な形状でない限り、問題はないとは思いますけど。
    (つまり、ぱっと見かっこよければOK。ホットロディマスのように。)

    なお、飛行機に関しては
    子供はカテゴリ(戦闘機・ジャンボ機等)の認識はあるけれど
    機種までは詳しく判別していない、というのが
    勇者シリーズ製作時のタカラ側のリサーチ結果のようです。

    ちなみに、つい昨日
    とあるスーパーで撮影してきた参考資料
    http://korejaikan.up.seesaa.net/image/2005-09-21_sanko.jpg

    これぐらいリリースされてたら、そりゃ詳しくもなりますよね。
    2005年09月21日 00:06
  • ヤママヤー

    飛行機はともかく、自動車については、ミニカーの玩具は山ほど売られているので、子供の目は意外と肥えていると思います。
    SFカーやSFジェットは避けるべきというのには賛成ですね。

    商品展開については、年末・新入学シーズン(3月末)・GW・夏・秋の各ポイントごとにのみ、2点ないしは3点程度の新商品を発売するのに留めた方がいいと思います。
    今、TFを一度に何体も買うような奇特な人は(マニア以外には)いない、という現実をよく考えて。
    一番最初に発売されるのは、正義側の主役1体のみか、せいぜいプラス悪側リーダー1体で充分。
    2005年09月21日 09:45
  • michusas

    記事を書くのが遅れてますが ご指摘のように、
    リリース第1弾は あえて主役のみでいいかな、と思ってます。
    悪側リーダーは、その次の目玉で。

    可能であれば、以前からファンの間でも指摘されている
    第1弾をクリスマス商戦合わせで投入、ということを考えたいんですけど

    前作品を1年使って宣伝してきた その成果をクリスマス商戦で発揮
    (新作品はお年玉狙い)、といきたいでしょうから、現実には
    通らない話なんでしょうね。

    番組開始前でも、CM・雑誌広告など派手に宣伝して
    新ヒーローを売り出すのも悪い手法じゃない ・・とは思いますけど。
    広告費が湯水のように使えるなら(笑
    2005年09月21日 10:38
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6794397

この記事へのトラックバック