はじめに

この企画は
2007年7月の、米国におけるハリウッド映画公開を控えながら
その一方、日本では小売店に疎まれる存在にまで身を落としめた
われらが トランスフォーマー に
再び "ショウウィンドウのヒーロー" となってもらうため
「トランスフォーマーの完全新生」について、
テストケースを提示するものである。



・ なぜ完全新生にこだわるか?

小売店向けパンフに
「トランスフォーマーは全く新しく生まれ変わりました」と 謳い込むため。


大手玩具店はおろか、
有名百貨店にすら入荷を拒まれるようになった(2005年8月現在)
悲しいかな、これがトランスフォーマーという商品の現状なのだ。

このような事態を招いた主因は、
市場の供給数を無視した 過剰な商品点数の投入であるのは、明白だ。
もちろんこうした販売計画は、タカラだけの判断ではなく
提携先のハズブロの意向も大きいと思われるが
もうひとつの要因として、作品人気を伴わぬ 販売規模の拡大=別ライン商品の展開
がダメ押しとなった可能性も、想像に難くない。

ゴーボッツ、ロボットマスターズ、ビーストウォーズリターンズ・・
加えて、コンビニ流通向け商品もトラブルが多く、決して成功とは言い難かった。
近年展開した中で、商業的に順調と言えるのは、
バイナルテックTFぐらいではなかろうか。

数々の失敗を重ねたことによって、もはや小手先の改革では、
今後日本において TVシリーズを展開することすら危ぶまれる所まできてしまった。
「去年とは違います」というキャッチコピーでは、アピール不足なのだ。


ここでは、2つのライン
即ち 新生TFを目指したFan-Fic の提示と、営業戦略の模索。
これらについて、できるだけ現実的なセンを見据えながら
新生案を提示していきたいと思う。



・ とか言ってますけど、要するに。

2006年の日本におけるTV放映は、状況的に難しい
(と いうよりも、はっきりいって、無い)かもしれないけれど
ファンなりに上向いていこうやつーことですかね
そのついでに、オレTF見せっこして遊びましょうよ と。

まあ どっちかつと
遊びたいのが本音なわけですが。

2005-08-16_original-emblem.jpg

そんなわけで、よろしくお願い致します
ツッコミとか、ブーイングとか。